2019年08月07日

家族に捨てさせるにはどうしたらいいの?



昨日は北上市内の交流センターで
「整理収納キホンのキ」講座を担当しました。


岩手もとっても暑い!
そんな中、20名近くの方が足を運んでくださいました。


講座の最後の質問コーナーで


「家族が物を置きっぱなしにしている。
使っている様子もないし、それがなければ他の物を置けるのに…。

いらないならそれを捨ててほしいと私は思っている。
どうしたら捨てさせることができるでしょうか?」


というご質問を頂きました。


大前提として私たちは
自分の物はなかなか捨てられない反面、
他人の物は「いらないなら捨てればいいのに」と思ったりしますよね。


それは他人の物に対しては特別な思いはないからです。


また使うかもしれないとか。買った時高かったとか。
デザインは気に入っているとか。思い出があるとか。


それは所有者のみが持ち合わせる感情です。
他人には見えない、大事な思いがある場合もあります。

だから大前提として勝手に捨てるのはもちろんNGです。


その上で先程のご質問の方は
ご自身のお気持ちをそのご家族にはまだ伝えていないとのこと。


であれば、まずは現状に対する
自分の気持ち(置かれて嫌だ、気になる、困っている)と

そこをどうしたいと思っているのか
(別の物を置きたいとかすっきりさせたいとか)

ご自身の気持ちをしっかり言葉で伝えることが第1歩です。


きれいな方がいいに決まっている、
出しっぱなしでない方がいいに決まっている、
言われなくてもわかってよ、察してよ、というのは無理です。


いくら家族とはいえ
人によって価値観は全く違うからです。


言われてはじめて
「あ、そんなに気になっていたんだ、そんなに困っていたんだ」とわかります。


その上で相手がなぜそれを取っておいているのか、
なぜそこに置いているのかを聞いてみます。


・大事だから取っておいているのか
・目に見えるところに置いておきたいのか
・置きやすいから置いているのか
・無意識にただ置きっぱなしだっただけなのか


など、理由が見えてくることで、こちら側も相手の思いを知ることができます。
これも聞かなければわからないことです。


お互いの思いが見えてくれば、
じゃあどうするのか、お互いが納得できる方法も見つけやすくなります。


捨てるのは難しいから他の場所に移動させる、とか。
それならどこだったらいいか、も一緒に考える。


ただ置きっぱなしにしていただけで捨てていいなら
いつ捨てるのか本人に決めてもらう。


などケースバイケースですが
大事なことはやはりコミュニケーションです。


それも「片付けてよ!捨ててよ!」という一方的な
コミュニケーションではなく


お互いの気持ちをきちんと伝えあう
双方向のコミュニケーション。


ここを面倒がらずに向き合っていくことで
お互いが納得できる折衷案も見つけやすくなります。


これは相手がご主人でもお子様でも誰でも同じです。
意識していきたいですね^^



〇整理収納の基礎から応用実例までを1日で学べる!
【整理収納アドバイザー2級認定講座】2019年9/1(日)北上市・9/29(日)盛岡市

〇教職員保護者向け子どもが自分で片付けられる環境づくり 
【整理収納教育士認定講座】2019年8/18(日)盛岡市

】「今年こそスッキリ!整理収納」〜食品ロスを減らそう〜2019年9/5(木)NHKカルチャー北上教室


〇ご自宅にお伺いしての 整理収納サポートサービス 


その他岩手の整理収納片付けセミナー講座の開催情報などスタイルアールのHPはこちらから♪
http://style-r-life.com/

応援の1クリックお願いします♪
整理収納・片づけのプロが書く参考になる情報が盛りだくさんです!
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村

posted by style-R at 11:10| Comment(0) | ・生涯学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。