2019年10月14日

台風と地球温暖化と私たちの暮らし


先日の台風では
甚大な被害が出た地域が
多くあります。

被害に遭われた方には
心よりお見舞い申し上げます。


幸い、私自身は家も含め
被害はありませんでしたが

岩手県内でも
浸水や土砂崩れなど起こっています。


事前に大きな台風が来ることは
わかっていたとはいえ

改めて自然の脅威を感じます。


こういった被害は
もう出ないことを望みますが

一方で今後さらに
頻繁に起こるだろうとも予測されてます。

その原因と言われているのが
地球温暖化です。

温暖化によってゲリラ豪雨、雨量なども増え
今後もこのような被害が出ると言われています。


地球温暖化の要因は
産業活動によって排出される
二酸化炭素などの増加です。

じゃあそれを減らせばいいと思いますが
減らすためには私たちの暮らし自体を
変えていく必要があります。


便利さや目新しさを求め続ける暮らし。
欲しい物がすぐに手に入る暮らし。
無意識のうちに物を増やしてしまう暮らし。
物質的な豊かさを求める暮らし。


今より便利に、今より豊富に、さらに新しい物を、
と量的物質的な豊かさを求め続ける限り

地球温暖化も進んでいくということです。


1人で変えることは難しいし
出来ることは限られますが

まずはこういったことを機に私達1人1人が
災害と温暖化と自分たちの暮らしを
紐づけて考えてみることが大事な1歩ではないかなと
改めて感じました。



〇整理収納の基礎から応用実例までを1日で学べる!
【整理収納アドバイザー2級認定講座】2019年10/23(水)盛岡市・11/17(日)北上市・12/1(日)盛岡市

〇教職員保護者向け子どもが自分で片付けられる環境づくり 
【整理収納教育士認定講座】2019年12/15(日)盛岡市

】〇〜いつまで・どこまで・どう管理?〜「おうち書類の整理収納術」
2019年12/3(火)NHKカルチャー北上教室


〇ご自宅にお伺いしての 整理収納サポートサービス 


その他岩手の整理収納片付けセミナー講座の開催情報などスタイルアールのHPはこちらから♪
http://style-r-life.com/

応援の1クリックお願いします♪
整理収納・片づけのプロが書く参考になる情報が盛りだくさんです!
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村
posted by style-R at 17:23| Comment(0) | ・災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

台風…いざというときの備えは常に意識する



台風が近づいていますね。


とても強い台風だそうで
各地で暴風、土砂崩れや増水、
停電など予想されており

どの地域も大きな被害にならないことを
祈るばかりです。


祈るだけではなくもちろん
出来る対策はしておかなければなりません。


家の外に置いてある物は全て室内へ。

ベランダのスリッパも
暴風の中では時にガラスを突き破るほどの
凶器になるそう。

窓も心配な場合は養生テープでの
対策も必要とのことです。

(→ただこれは飛散防止とのことですが
逆に強度が減る、破片が大きくなるなど
おススメしない人もいるとのことです。)


そして停電や断水などにも対応できるように
事前の確保も必要。

水や食料
携帯のフル充電・バッテリー
ラジオや電池
ガソリンも満タンに

などなど…。


ニュースでは
ホームセンター開店前に多数の人が並び
あっという間に防災関連商品が
なくなっていく様子が流れていました。


もちろん事前に対策する意識は大切です。
でもみんなが「直前に」意識しても
殺到するばかりで対策ができないことも。


こういったことは「普段から」
意識して備えておくとあまり慌てず
対応もできます。


我が家はペットボトルの水も数本
常にストックしてあります。

飲んだら買う、という
「ローリングストック」という方法で
常に一定数を確保してあります。


「いっぺんに」「みんなが」「大量に」
買うと、あっという間に品切れになります。

常にそれぞれがある程度確保しておけば
そういった状態も防げますね。


これからも台風や大雨など
いつ起こるかわかりません。

こういった機会を教訓に
これからも「常に」
備えを意識していきたいですね。


いずれにしてもとにかく
大きな被害が出ないことを
やっぱり祈ります。



〇整理収納の基礎から応用実例までを1日で学べる!
【整理収納アドバイザー2級認定講座】2019年10/23(水)盛岡市・11/17(日)北上市・12/1(日)盛岡市

〇教職員保護者向け子どもが自分で片付けられる環境づくり 
【整理収納教育士認定講座】2019年12/15(日)盛岡市

】〇〜いつまで・どこまで・どう管理?〜「おうち書類の整理収納術」
2019年12/3(火)NHKカルチャー北上教室


〇ご自宅にお伺いしての 整理収納サポートサービス 


その他岩手の整理収納片付けセミナー講座の開催情報などスタイルアールのHPはこちらから♪
http://style-r-life.com/

応援の1クリックお願いします♪
整理収納・片づけのプロが書く参考になる情報が盛りだくさんです!
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村
ラベル:対策 防災 台風
posted by style-R at 17:10| Comment(0) | ・災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

いざとなったらどうにかは…ならない



今日は防災の日。


地震だけでなく、台風や津波など
災害についての認識を深め。


対処、心構えを準備する
再確認の日。


図らずも先日の台風では
岩手にも大きな被害が出ました。


私の住む地域は大丈夫でしたが
沿岸などはテレビで見る限りでも
目を疑う程の光景です。


近くにある川が
氾濫したことによる被害ですが


つまりは川がある所は
全国どこでもこういった被害が起こりうる


ということです。


私の住む地域にも川はあります。


今回も台風接近に伴い
防災マップや避難場所を家族で再確認したり。

備蓄の食料や道具を確認したり。


あらゆることを最大限想定する、ということは
それが結果的に空振りに終わったとしても


決して無駄ではないと思います。
いざというときにどうにかは…ならない。


誰かが助けてくれる保証はないのです。
一人一人が心がけていきたいですね。


今日、打ち合わせで行った
花巻市の元空港施設の前には


福島、宮城、秋田などのヘリが並んでおりました。

IMG_20160901_130759.jpg


台風被害への対応のためかもしれません。


防災、減災対策。
改めて考えていきたいですね!



応援の1クリックお願いします♪
整理収納・片づけのプロが書く参考になる情報が盛りだくさんです!
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村
posted by style-R at 18:55| Comment(0) | ・災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

いざというときに必要な食材備蓄の数を考えてみる



週末は仙台へ。


東京でご活躍の整理収納アドバイザー
澁川真希さん による

「食材備蓄・管理実践セミナー」に参加しました。


東日本大震災の時には
仙台にいらっしゃった澁川さん。


そのご経験を元に
日頃から備える備蓄について具体的にお話ししてくださいました。


いざというときのために
各自治体でもある程度対応できるように備蓄されていますが。


もちろん地域全員分ではありません。
それはあくまで避難所生活が必要な方の分です。


災害が起こった後も
家の被害が少なく、自宅で過ごせる場合は。


物流が復活するまで
家にある食材で過ごしていく必要があります。


しかも1日2日ではなく
長期的に賄っていく必要がありますよね。


カンパンなどのいわゆる「非常食」だけでは
気持ち的にも栄養的にも長期には対応できません。


だからこそ普段食べ慣れている食品で対応できるように
備蓄をしておこうということでした。


最低7日分は確保が必要とのこと。


でも家族構成や食の好みによって
必要な種類や量は変わってきます。


実際にワークで今あるモノや量を書きだすことで
不足分も見えてきました。


我が家は夫と2人なので
実はそんなに別途多量にストックが必要なわけではありません。


震災の時もそうでしたが
まずは冷蔵庫の中から消費していきます。


且つ、普段から乾麺、缶詰、乾物、
インスタント類やお菓子、栄養補助食品など…。


置いてある分もあるので、それで何食かは賄っていけます。


ただ、缶詰はもうちょっと置いておいた方がいいなとか。
お米ももうちょっと余裕を持って買い足すようにしようとか。
お水はやっぱり必要数維持していこうとか。


必要数をしっかり確認することができました。


食べ盛りのお子さんがいたり3世帯で住んでいたりすれば。
その人数分やっぱり備蓄が必要になってきます。


今家にある食材だけで家族がどれくらい過ごせるか、
と考えてみるだけでも意識が変わってきますね^^


こういった備えや意識があるかないかで
いざというときの気持ちが全く変わってきます。


自分と家族の身は自分たちでまず守る。
それを少しずつでもみんながやるって大事ですね^^


具体的に数を知りたいという方は
セミナー内でも紹介されていた


農林水産省  新型インフルエンザに備えた家庭用食料品備蓄ガイド(PDF)


も参考になります。
よかったらご覧になってみて下さいね!



応援の1クリックお願いします♪
整理収納・片づけのプロが書く参考になる情報が盛りだくさんです!
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村

ラベル:収納 片付け
posted by style-R at 14:52| Comment(0) | ・災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

災害時にモノがすぐに見つかる安心感



今日は防災の日。
各地で避難訓練なども行われているようです。


私自身は4年前の東日本大震災時
すでに岩手県に住んでおりました。


内陸ですので津波等の被害はありませんでしたが
住んでいる地域は停電と断水に。


外出先で地震にあいましたが
しばらくして家に帰ることができました。


3月でしたので帰ってきた夕方ごろには
日が傾いてきていました。


幸い家自体は無事。

でも家の中がどうなっているのか全く想像できず。
薄明かりの中入っていきました。


どうやら落ちているモノもあるけれど
室内を歩けなくはない。


でも暗くなってきてよく見えない。
そこでまず必要だったのが懐中電灯でした。


その当時、まだ仕事は始めていませんでしたが
整理収納アドバイザーの資格は取得し、学んだことは実践していました。


その中で「モノの定位置を決めて管理する」
というのがあります。


震災時はすでに懐中電灯の定位置を決めた後でした。


そのため、すぐに懐中電灯のある場所へ向かい
取り出して使うことができました。


整理収納を学ぶ前の片付け下手のままだったら。

おそらく
「あれ、懐中電灯どこだっけ?確かこの辺だった気がするけど…」

と家中を探していたと思います。


災害時は誰もが不安。


でもそんな時に必要なモノが1つでも
「ここにある」とわかっているだけで。


そしてそれがすぐに取り出せて使えるだけで。
どれだけホッとするか。


身を持って実感しました。



災害用のグッズは持っていても
災害時に誰でもすぐに見つけて使えなければ意味がありません。


「あれどこだっけ?」「なかったらどうしよう」
と不安を増やさないためにも。


日頃からしっかり場所を決めて
すぐに使えるように。


そして家族の皆がその場所を知っていることも
大事なポイントですね。


年に1回この機会にみんなで確認していきましょう!



応援の1クリックお願いします♪
整理収納・片づけのプロが書く参考になる情報が盛りだくさんです!
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村
ラベル:岩手 片付け 収納
posted by style-R at 10:39| Comment(0) | ・災害対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする